2012年05月28日

JCL vs FFE

お待たせしゃーしたー。
JCL Divsion2 vs FFEのマッチレポです。

●スコア
http://www.cricket.or.jp/new_jca/score_view.php?game_id=1035

むらけんさんが突然の体調不良(アゴでる病)で急きょ10人になってしまいますが、
久々のトス勝ちをしたMAXは、迷うことなくバッティングを取りました。

打順は以下の通り
1.あみ
2.きば
3.山田P
4.ラジュさん
5.やのっち
6.なおき
7.ロボット
8.いとうきん
9.さとる
10.YUZO

この日は、めちゃくちゃ風が強くなんだか危ない前兆はありました。
試合序盤、あみーの丸太バットレガシー君が火を噴き高スタートを切ります。
猛風の恩恵を受けたMAXは、2番ボーラーのピエール君からボーナスポイントを頂きます。
しかし、ここからMAXは猛風の被害にあうことになりました。

被疑者1
きばやし
強風でコールが聞こえず、ランアウト

被害者2
あみ
強風で打球が戻され、コウト

被害者3
としお
強風で足がつり、リタイア

被害者4
らじゅ
強風でボールが飛びすぎて、コウト

被害者5
やの
強風でコールがかみ合わず、ランアウト

被害者6
ロボコン
強風で普通にボウルド

被疑者7
伊藤
強風でランアウト

被害者8
さとる
強風で無念のLBW

被害者9
YUZO
強風でいつのまにか、コウト

被害者10
なおき
強風でパートナーが死んでいき、バッティングできず。

MAXは、山田Pがイニングを建て直して、相手の強風エキストラにも助けられながら、なんとか174点でバッティングを終えます。

ランチ後にファーのバッティング
いつも通りラジュさんは、快調な出だしでプレッシャーを与えていきます。
相方を組むなおきも、強烈な向かい風の中で安定したボーリングで相手に得点を与えません。
序盤でラジュさんがギャグをCBに打ち取ります。
続くなおきさんを、なおきが見逃しボウルドにとり、快調なスタートを切ったかに見えました。
しかし、きばやし&YUZOさんの向かい風ボーラー人があまりピりっとせず、あまり聞いたことが無い、向かい風スピンを試してみます。
スピンに向かい風はご法度かに見えましたが、そういえば学生はスピンに弱いっていうのを忘れていたみたいで、いつの間にか3ウィケットが落ち、残りは追い風ボーラー陣がウィケットを取り、最後はラジュさんのスーパーキャッチでファーを93点オールアウトにしました。

これで4連勝のMAXは、ワイバと並んで首位をキープ。
次の直接対決が天王山の一戦となります。

ちなみに、今シーズンのMAXは、勝ったら必ず祝勝会を行い、負けたら飲めないというルールをなおきが勝手に決めたため、この日も飯田橋で祝勝会を行いました。
posted by MAXCC at 18:03| Comment(0) | 日記

2012年05月20日

Japan Cup v. ワイバ / v.学生

5月19日(どようび) ハレ

相変わらず人手不足のMAXは10人で試合に挑む。
うち8人は飯田橋から、雄三予約のレンタカーで出発する予定。
しかし、よく考えてみるとここ数試合は毎回遅刻をしている雄三。
雄三が遅刻することで一網打尽で大量遅刻になるのではないかと、集合時間の3分前にざわついた雰囲気になるが、無事に雄三がレンタカーに乗って登場する。

8時集合だったが、誰も試合の開始時間を把握しておらず、またもざわつくが11時開始であることが判明したので、みんなで仲良く羽生SAの朝カレーを食べる。
お陰で、ナオキとケンジは午前中の試合で、たまに口の中にカレーがちょっと出てくる状態になる。

グラウンドに到着前のコンビニでは、「久しぶりだから我慢できない」とかケロッグばりに、よくわからない理由を付けて、久しぶりのゴシップ紙を購入する。

試合はよく覚えていないけど、天気が良くて、勝ったり負けたりした。
詳しい内容が知りたい人はJCAのスコアでも見ればいいと思う。

●覚えている内容●

■ v.ワイバ ■
キャップがトスに弱いので、バッティング2nd

ワイバのイニング
名前はワイバたが、色んなチームから集めてきたクリケットが好きそうな好事家がたくさんいて、バッティングがうまそうだった。
でもMAXには山田プロ(37)がいるので120点くらいに抑える。

MAXのイニング
ワイバはバッティングに比べるとボーラー陣が少ない模様。
ドタバタしたあとに、山田プロ(37)とアミーゴのペアになって、たくさん打ち出す。
山田プロ(37)が落ちた後に、なおきがInする。
なおきはフィールダーがいるところにフライを打つだけの簡単な仕事をはじめ出すが、その仕事をコツコツと4回達成したところらへんで、アミーゴがクールに逆転。
今年のMAXは当日1試合でも勝てばアフタークリケットでドリンクパーティーができることになっているので、これで今夜も酒が飲める!と安心する。

■ v.学生 ■
キャップがトスに弱いので、バッティング2nd

学生のイニング
学生だけに若くて元気。うらやましいね。
予想通り「先生」ことオガワクン?がビッグショットを連発する。
対する試合経験の多い熟練プレイヤー揃いのMAXは、フライが上がった時にお見合いしてウィケットを無駄にしないために毎回「キーパーーー!!」と叫ぶことでカバーを試みる。
そうこうしたり、雄三がワイドを投げたりしている内に、150点くらい取られてしまう。

MAXのイニング
学生は結構良いボーラーがそろっていて、フィールディングも良い感じ。
MAXはケンジがドットしか作れなかったり、バッティングがうまそうな人たちが早めに死んだりと全然得点が伸びずに負けてしまう。

アフターは飯田橋。
最近は「タケコ」ばかりに行っていて、いい加減みんな飽き飽きしているってことで、心の名店「さくら水産」に行く。
あんな店はいつ行っても空いていると思ったが、10分ほど待ってくださいと言われ、20分くらい待たされる。
MAXが座る予定だった席では、学生が新人コンパをしていたようで、顔を赤くした学生を見送りながら席が空くのを待つ。
最近のサークルには「新歓係」や「ダブル代表」など色々な係りがあることを知り、就活氷河期は大変だと思う。
やっと通された座敷は、案の定最悪な状態で、がんばって店員さんが掘りごたつの下の「なんか汚そうなもの」などを雑巾で拭いたりしている。
そんなことは気にせずにMAXは人数分「生ビール大」を注文。
意気揚々と飲み始めるが、なおきが「なんかビールが臭いんですけど!」と騒ぎ出す。
周囲は「またなんか文句言っているよ」的な反応だったが、なおきのジョッキを匂ってみると「キツイ硫黄の匂い」のような吐き気を催す酷い匂い。
店員さんに交換をお願いすると、すぐに店長さんっぽい人が新しいビールを持ってきてくれて「今度は大丈夫です。匂いを嗅いで確認しました。さっきはよくジョッキを洗っていませんでした」と笑顔で説明をしてくれる。
「何が大丈夫だったのか?」「洗う前にはジョッキには何が入っていたんだ?」などと様々な感想を持ったと思うが、「いいからテーピングだ!」と雄三が言うとおり、飲み会を始める。
序盤にアツアツの鉄板餃子が運ばれてくるが、人数分ないので、「ゲームに勝った人が冷まさずに全部(5コ)一緒に一口で食べる権利を得られるようにしようぜ!!」という知的な意見が出る。
以降の飲み会は、MAXの通称「男気ゲーム」という、「ゲームに勝った人がうれしそうに罰ゲームをこなす」学生気分が抜けないゲームに熱中する。
タラの頭を食べたり、タバスコ飲んだり、一味食べたり。
そうこうしていると、いい加減飽きたので河岸を変えようということになり、店を出る。
次の店を物色するが、あまり良い案がなかったので、久しぶりに公園飲みをすることになる。
プロ野球選手名鑑をつまみに、ちびちび飲むが、蚊がたくさんいて痒かった…

次の試合が楽しみです。

ケンジ

posted by MAXCC at 09:16| Comment(0) | マッチレポ